従業員満足度を上げるには?施策を練るために必要なこと

低下気味の従業員満足度を回復させるための方法を伝授します

組織改革セミナーに参加しよう

組織は、企業の事業運営を総合的に効率的に進めるために造られます。このため時代・市場の変化の動きに合せて改革や再編成を図る必要があります。企業内の従業員満足度も時代とともに変化します。こうした変化に対応するには、組織改革セミナー等に積極的に参加し、情報などを収集する必要があります。

コンサル会社が開催するセミナーの内容

従業員満足度の向上が、今なぜ重要なのか

企業の目的は、顧客の創造であり、顧客満足度の向上です。最近は「情報通信技術(ICT)」の発展がめざましく、社会のあらゆる分野で変化が起きています。顧客満足の向上は、従業員満足度の向上等による企業目的に対する貢献意識が、あるレベル以上にないと得られません。

従業員満足度の変化を考えて見よう

従業員満足度は、給与制度のみの改正・工夫で得られるものではありません。勤務時間、仕事の内容、ワークライフバランスへの対応、人間関係などに広く関係します。従業員満足度は時代の変化とともに大きく変化しています。

所属組織内外のコミュニケイションが進展する施策を考えよう

企業が成果を上げて事業を継続していくための施策として、従業員の所属組織内外のコミュニケイションの場を広げるために、相談相手、情報源の拡大等へ支援は重要です。定期的なランチミーティング、勉強会・部活動への支援などは従業員満足度の向上に貢献する施策となります。

企業の持つビジョン・目標への参画意識を高めよう

従業員満足度を高めるためには、企業活動に参画している自覚が重要です。こうした意識は、従業員の自発的な仕事への貢献意識の向上につながります。それぞれの職場での教育、階層別集合教育などの機会を通じて、トップをはじめとする上層部からのビジョンの説明会や懇談の場の設定は、意義深いもので参画意識の向上につながります。

目標、成果の見える化の工夫をしよう

多くの企業で所属組織や従業員個人の目標設定により、具体的に見える化の工夫が一般的な施策として普及しています。これは従業員のモチベーションアップや納得性の高い正当な評価につながるからです。この施策は従業員満足度の向上に効果的です。但し、施策の前提として従業員と上司の話し合いによる合意が重要です。

従業員満足度を上げるには?施策を練るために必要なこと

メンズ

上司と部下の関係を円満にするには

従業員満足度調査アンケートには面談をしよう

企業としては従業員満足度の維持・向上は企業の存続がかかることを理解する必要があります。従業員満足度の向上は従業員の自発的貢献意識の向上につながり、商品・サービス等の品質の向上、顧客満足度の向上につながり、企業の社会的信用度の向上につながります。従業員満足度調査アンケートは、こうした成果に深く関連する基礎資料となります。可能な限り面談手続きを活用されるようお勧めします。

広告募集中